イベント Event

契約業務のこと、法務組織のこと、これからの法務のあり方についてなど
幅広いテーマで定期的にオンラインセミナーを開催しています。
また、イベントの登壇情報や不定期開催のユーザー会情報もお知らせします。

予定されているイベント

  • 2022 12.08 Thu

    【ランチタイムセッション】
    締結後の契約書管理からはじめる、契約業務のリスクマネジメントとは?

    法務のみなさまが課題と感じることが多い、締結後の契約書の管理。
    本ウェビナーでは、「契約書が見つからない」、「きちんと管理しているつもりだったが抜け漏れがあった」など、普段の業務の中で契約書管理がなされていない場合に起こるリスクに焦点を当て、契約書の管理と適切なリスクマネジメントを行うための手法論についてお伝えします。

これまでのイベント

  • 2022.11.15 Tue

    【ランチタイムセッション】はじめての方向け30分でわかるHubble説明ウェビナー

    • ウェビナー
    契約書業務で活用頂いたお客様より、月間約20時間の工数削減につながったとのお声も頂いた、Hubbleの基本機能をご紹介するウェビナーです。
  • 2022.11.02 Wed

    【ランチタイムセッション】教えて、法務メディアの編集長!契約DX導入による課題解決の最新事例

    • ウェビナー
    • アーカイブ動画
    契約DXシステムの導入を検討していたり、実際に導入し運用を開始している企業様は多いと思います。ですが、具体的に何を目的としてDX導入すべきなのか、導入したもののどのような指標・効果を目標に運用すべきなのか、お悩みの方も多いのではないでしょうか。
    そんな皆様の疑問にお答えすべく、ベンチャー・スタートアップのための法務メディアである「Legal Ops Lab」の山下編集長が本ウェビナーに登壇します。
  • 2022.10.27 Thu

    【ランチタイムセッション】Teamsを活用した「理想の契約業務」をHubbleで実現。HubbleのTeams連携機能が大幅アップデート

    • ウェビナー
    • アーカイブ動画
    Hubble代表の早川による、Teams連携で実現する理想の契約業務についてご紹介するウェビナーとなります。
    リーガルテックの導入による業務効率化やコストカットを通じて、契約業務の最適化を目指す企業は多いと思います。では「理想の契約業務」とは、どのようなものでしょうか。経営陣が理想とするミスのない管理体制、法務が解決させたいコミュニケーションコストや情報のばらつき、事業部が懸念する契約進捗の遅れや、作業工程を確認できない環境。これらの課題に対し、契約業務のツールとして「Teams」をどう活用していくのか、詳しくお話をさせていただきます。Teamsをご利用中の企業様は、ぜひご参加ください。
  • 2022.10.18 Tue

    【ランチタイムセッション】はじめての方向け30分でわかるHubble説明ウェビナー

    • ウェビナー
    契約書業務で活用頂いたお客様より、月間約20時間の工数削減につながったとのお声も頂いた、Hubbleの基本機能をご紹介するウェビナーです。
  • 2022.10.11 Tue

    【ランチタイムセッション】Teamsを活用した「理想の契約業務」をHubbleで実現。HubbleのTeams連携機能が大幅アップデート

    • ウェビナー
    Hubble代表の早川による、Teams連携で実現する理想の契約業務についてご紹介するウェビナーとなります。現在HubbleとTeamsの連携機能をお使いの企業様はもちろん、Hubbleを導入前でTeamsをご利用中の企業様にもおすすめの内容となっておりますので、是非ご参加ください。
  • 2022.10.05 Wed

    SmartHR 法務・10X CFOと語る、スタートアップの急成長を支える「守り」の体制とその具体的構築方法

    • ウェビナー
    • 登壇情報
    急成長を目指すスタートアップ企業においては、事業を加速度的に拡大し売上のトップラインを伸ばしていくことが第一に求められます。一方で、監査の観点はもちろんのこと、業務スピードや採用のボトルネックを発生させないためにも効率的かつ磐石な管理体制を敷いていくという「守り」の視点も非常に重要です。この度のイベントでは、SmartHRの法務リーダーである小嶋氏、および10XのCFOである山田氏の両名に登壇していただき、急成長してきた両社の中でどのようにして「守り」の管理体制、特に初期フェーズで管理体制を整えることが難しい契約管理に関して、その体制をいかに構築し企業価値向上に取り組んできたのか、その核心に迫ろうと思います。ご出席される皆様にとって、今後の成長を支える基盤構築に向けたヒントを得られる機会となりますと幸いです。
  1. 1
  2. 2
  3. 18
TOP