Play Pause
契約書との向き合い方を、少しだけ変えてみる。 慣れ親しんだツールは、そのままでいい。バージョン管理に、度重なるメール、ローカル環境との行ったり来たり。困りごとの多くは、契約書の外側にあるもの。だからHubbleは、慣習とテクノロジーの架け橋となって契約業務を正しく効率化する。誰もに心地よい契約交渉のかたちがあれば、法務はもっとたくさんの人や価値を繋げられる。さあ、いっしょに最先端の法務をはじめよう。変わるのは、そばにHubbleがいることだけ。

特長と機能

Feature

契約書の管理・共有をスマートにするソフトウェア

Hubbleは、契約書をはじめとする法務ドキュメント業務に
特化したクラウド型ソフトウェアです。
Microsoft Wordを利用した、書類作成後のバージョンや
関連コミュニケーションの管理・共有を効率化します。
法務に携わる企業やチームが本当に使いやすいことを考え抜いた
無駄のない機能で、法務作業の生産性を向上させます。

交渉の全過程を ストレスなく一元管理できる

複雑なバージョン管理や大量のメールによる情報の分散に悩むことはありません。
Hubbleなら、交渉過程におけるすべてのバージョンとコミュニケーション、契約締結後の情報も管理可能です。
契約管理業務のストレスから解放します。

メンバーが必要な情報に スムーズにアクセス可能

情報を探すための無駄な時間がなくなります。
過去のやりとり、バージョン、本文、契約の更新時期など、あらゆる契約情報を組織のナレッジとして蓄積。自動差分抽出機能や検索機能で、必要な情報や検討背景をすぐに把握できます。

従来のシステム環境のまま 誰でも簡単に使える

システム環境を変える必要はありません。
Microsoft Wordさえあれば、すぐに利用開始できます。シンプルなデザインは、誰でも直感的に操作が可能。
普段の業務に欠かせない他ツールとも幅広く連携できます。

導入企業

User

Hubbleを実際に導入されている企業の声をご紹介します。

他にも、様々な企業に導入していただいております。

  • 三井不動産
  • 日本郵船
  • カシオ
  • 東急建設株式会社
  • ネスレ
  • WANTEDLY
  • RakSul
  • LIVESENSE
  • BIZREACH
  • GMOファイナンシャルゲート
  • サイボウズ
  • Unipos
  • フルスピード
  • 弁護士ドットコム
  • dip
  • TechFirm
  • bitFlyer
  • asobiew
  • 東京国際法律事務所
  • LocoPartners

ニュース

News