2022.09.02 Fri

2022年8月のHubble Monthly Reports

皆さん、こんにちは!🙋‍♂️
HubbleのMonthly Reportでは、この1ヶ月でのアップデートや直近のお知らせをお届けしています。
今回もさっそく、2022年8月のアップデート情報や来月のお知らせをお届けしていきます!

プロダクト

Product

【機能改善】Hubbleの表示速度を大幅に改善しました🎉

皆様、大変お待たせしました!
以下のポイントを中心に、表示速度の大幅改善を行いました!
① 一覧画面の表示速度
② ドキュメント詳細画面の表示速度
③ 画面遷移時の表示速度

今後も、皆様の業務のスピードアップを目指し、更なるHubbleの速度改善を目指します!
リリースノートはこちらです。

特別なお知らせ

Special|

ユーザー会「with Hubble」を開催します!

毎度ご好評のHubbleユーザー会「with Hubble」を今月9/14(水)18時からオンラインで開催します!

前半ではご導入事例にも登場いただいたRepro社のお二方をお招きし、Hubble導入から約1年半の今感じていらっしゃることを座談会形式で伺います。特にご導入事例でもお話しいただいた「事業部門のタッチポイントを減らす」「法務の社内評価を上げる」といったテーマに関しては、クローズドイベントならではの「ディープ」なお話が聞けるかもしれません…!

Repro社のHubble導入のストーリーと効果を予習!

Hubble導入で課題を再発見!
Repro法務が大切にする社内への説明責任とは

後半の交流会では、全国のHubbleユーザーの皆さまとざっくばらんにお話しいただけます。
Hubbleにまつわるトピックはもちろん、日常の法務業務・契約書業務に関するお話も毎回盛り上がる時間です。ぜひ法務同士の横のつながりづくりやノウハウの共有にもお役立てください

そして、(楽しみにされている方も多いと思いますが)今回も、ご参加のお申込みをいただいた方には、特典のグッズとしてオリジナルデザインのHubbleノベルティを差し上げます🙆‍♂️

皆様、with Hubbleに、奮ってご参加くださいませ!

コンテンツ

Contents

TRUSTDOCK社でのご導入事例を公開!

オンラインで本人確認を行うeKYC(electronic KYC)の市場でサービスを展開する株式会社TRUSTDOCKの大木様と近藤様に、Hubble導入の経緯やその効果について伺いました!

契約書を作成するまでの情報整理や契約書のバージョン管理に課題感を抱いていた同社でしたが、Hubbleを通して契約書作成の工数を大幅に削減するとともに、最新版がどれかわからない…といった問題も解決されました。

さらに導入時に行った業務フローの見直しによって、以前は1週間を目安としていた契約書作成業務が、3営業日以内に完了できるようになったとのこと。Hubble導入に伴い「文書管理の重要性を全社に認識してもらうにも効果的だった」という、業務の効率化にとどまらないお話も、見応えのある内容となっています。
ぜひご一読ください!

TRUSTDOCK社のHubbleの活用方法をチェック!

法務の工数が半減!Hubble導入プロジェクトは「攻めのコーポレート」を切り拓くきっかけに

Legal Ops Lab(LOL)の8月新着記事をご紹介!

Legal Ops Lab」(リーガルオプスラボ、LOL)では、スタートアップやベンチャー企業の法務の皆様がお持ちになる「他社はどういうフローで法務に関する業務をしているのか?」という疑問にお答えしています。
今回は、8月に新たに公開した4本の記事をからピックアップしてご紹介します!

ピックアップ記事
【法律事務所LEACT 代表 酒井貴徳氏 × Hubble CLO 酒井智也 対談】スタートアップと弁護士の理想的な関わり方とは? /法務人材難の克服には、人材育成と働き方の工夫が必要

大手法律事務所、スタートアップでの事業開発を経て、2022年に独立して法律事務所LEACTを設立された酒井貴徳氏にお話を伺いました。

前編では、弁護士として、事業会社の法務部との関係性の構築方法弁護士事務所とスタートアップ企業のカルチャーギャップといった、二人の歩んできたキャリアにおける気付きを深掘ります。
そして後編では、法務人材の採用の厳しい現況への対応策として弁護士、そしてリーガルテックの果たすべき役割と展望について伺いました。

W酒井」のインタビューを前編からチェック!

【法律事務所LEACT 代表 酒井貴徳氏 × Hubble CLO 酒井智也 対談:前編】スタートアップと弁護士の理想的な関わり方とは?

イベント

Event

クラウドサインと共催ウェビナーを実施します!

イベント概要

多くのHubbleユーザーが導入している電子契約「クラウドサイン」。
双方の連携により、Hubbleの機能を利用して作成・チェックを行った契約書を、クラウドサインを利用してそのままHubble上で締結依頼を行うことができ、契約書の作成から締結・管理という一連の契約業務をオンライン上でシームレスに行うことが可能となります。
 
本セミナーでは、2つのサービスの連携デモンストレーションを通して、契約業務全体を効率化するためのノウハウについて皆様にご紹介します!

早川から一言

Hayakawa’s Note

今月もCEOでありながらTwitterでの「寸言」が得意なCTO(Chief Twitter Officer)
として社内で認知されつつある早川の、オモイとワライが詰まったひとことをお楽しみください。

hayakawa_circle

みなさん、こんにちは。
秋を感じる日が多くなってきましたね。
僕はこの時期の気候が1番好きです。

さて、今月14日はユーザー会です。
Reproの髙橋様と柳川様にご登壇いただき、Hubbleの活用や法務のお取り組みをお話頂きます。いつもありがとうございます。
こういった場を作って、法務の方々の横の繋がるきっかけ作りも、リーガルテック企業の役割だと思っています!ぜひ交流頂けると嬉しいです!

気が付けば、2022年もあと4ヶ月(やばい)。今月もよろしくお願いします!

最後に

Message from Hubble

皆さんは「リーガルオペレーションズ」という言葉を耳にしたことがありますか?

(Hubble社ウェビナー資料より抜粋)

元々は、アメリカのITベンチャーを発祥で、「リーガルサービスの提供に関するビジネスのプロセスや活動自体、またその効果的な提供を企画する専門家」、言い換えると、法的解釈や評価以外の法務機能の活動全てを指している概念です。2022年に日本版も公開されています

日本版は、上記の8つの要素で構成されているとされていますが、法務業務に関連するオペレーションを上手く日本的に分類しており、自社の法務の活動をメンテナンスするのチェックリストとして非常に有用です。
Hubbleを活用して管理業務に費やす時間を減らした皆様には、是非こちらで自社の法務機能のありようを分析して、更に効率的な法務機能の運営を目指してみると良いかもしれません!

それでは、また来月お会いしましょう!🙇‍♂️🙇‍♀️


より詳しい話をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。
Hubbleの詳細についての資料も、こちらよりダウンロードできます。

TOP