2022.10.07 Fri

2022年9月のHubble Monthly Reports

皆さん、こんにちは!🙋‍♂️
HubbleのMonthly Reportでは、この1ヶ月でのアップデートや直近のお知らせをお届けしています。
今回もさっそく、2022年9月のアップデート情報や来月のお知らせをお届けしていきます!

プロダクト

Product

【新機能】Microsoft Teamsとの連携が強化されました!🎉

HubbleとMicrosoft Teamsの連携は、これまで単一のチャネルで通知を受け取るのみでしたが、今回のリリースにより、Hubble上でのメンション付きのコメント通知をTeams内の個人チャットで受け取れるようになりました!
さらに、そのままTeams内でコメントを返信したり、「いいね👍」をしたりすることもできます。

代表の早川によるTemas連携の概要のご紹介

更に気になる方は、ヘルプページで設定方法をチェックしてみてください!
また、後述の通り、本連携の具体的使い方をご紹介するウェビナーも開催予定です!

【新機能】Hubbleのコメントがリッチテキストに対応しました!

皆様、大変お待たせしました!
Hubbleのコメント機能がパワーアップし、以下のリッチテキストが使用できるようになりました

併せて、コメント欄の幅の広さも自由に変更できるようになりました
使いやすくなったコメント欄、是非ご確認ください!

更に気になる方は、ヘルプページで使い方をチェックしてみてください!

イベント

Event

Teamsを活用した「理想の契約業務」をHubbleで実現。HubbleのTeams連携機能が大幅アップデート

イベント概要

今月リリースしたMicrosoft Teams連携(以下、「Teams連携」)の強化で実現できる理想の契約業務について、代表早川よりご紹介するウェビナーです!
これからTeams連携のご利用を検討いただく企業様も、既にTeams連携をご利用の企業様も「ためになる」セミナーですので、是非ご参加ください!

特別なお知らせ

Pick up News|

『東洋経済「すごいベンチャー100」』にHubbleが選出されました🎉

東洋経済新報社が年に一度、未来のユニコーンとなり得る有望なベンチャー企業を100社選定し、Twitterでも「 #すごいベンチャー 」がトレンド入りするなど毎年盛り上がりを見せる「すごいベンチャー100」。
その「すごいベンチャー100 2022年版」に、Hubbleも選出されました!!🎉
数あるベンチャー・スタートアップの中から選んでいただき、とても光栄です。

今年は新たに『法務』カテゴリが新設され、リーガルテック領域が勢いづいているのを感じます。
日々応援してくださる皆様、ご利用いただいているお客様への感謝を胸に、ますます成長していきます!

Hubbleが「すごいベンチャー100 2022年版」に選出!

すごいベンチャー100 2022年版
契約書管理クラウド「Hubble」

『ビジネス法務11月号』に酒井が登壇した座談会記事が掲載されています🎉

『ビジネス法務』2022年11月号(中央経済社)の「緊急座談会 グレーゾーン解消制度と弁護士法72条をひも解く ~直近3つの重要事例をふまえて」と題した座談会に弊社CLO 弁護士の酒井が登壇し、その記事が掲載されました。

2022年6月から始まり立て続けに公表された、弁護士法72条に関わるグレーゾーン解消制度の回答について、GVA TECH株式会社 代表取締役 山本俊氏、東京八丁堀法律事務所 弁護士 渡邉遼太郎氏、弁護士法人淀屋橋・山上合同 弁護士(freee株式会社出向中) 水井大氏とともに、それらの基礎的な内容についての解説と、多角的な観点からのディスカッションをしています。

全15ページに渡るボリューム感たっぷりの特集!
公式販売ほか、全国の書店などでお買い求め頂けます。ぜひお手にとってご覧ください!

Hubbleを活用するイケてる法務が増加中!

これまでの活用が進んだ導入事例に加え、なぜHubbleを導入した理由にフォーカスした、「導入しました」事例を続々公開中です!
直近では、一般財団法人残留農薬研究所様、ケネディクス・インベストメント・パートナーズ株式会社様のお声を公開しております!

Hubbleを活用するイケてる法務、ここにあり!

一般財団法人残留農薬研究所さまのケース

一般財団法人残留農薬研究所に、契約書管理クラウドサービス「Hubble」が導入されました

ケネディクス・インベストメント・パートナーズ株式会社さまのケース

ケネディクス・インベストメント・パートナーズ株式会社に、契約書管理クラウドサービス「Hubble」が導入されました

早川から一言

Hayakawa’s Note

今月もCEOでありながらTwitterでの「寸言」が得意なCTO(Chief Twitter Officer)
として社内で認知されつつある早川の、オモイとワライが詰まったひとことをお楽しみください。

hayakawa_circle

急に気温が下がりましたが、ご体調のお変わりありませんでしょうか。私は気温がグンと下がった木曜日に、あえての半袖で出勤しました。小学生の時に一年中半袖の友達いましたよね?あのイメージです。

さて、10月5日(水)にオフライン/オンラインのイベントを開催しました。ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。当日の会場は非常に高い熱量を感じる事ができ、オフラインの尊さを再認識しました。
お客様(もちろんHubbleのお客様ではない方も)同士をお繋し、日々のお悩みやナレッジ、キャリア、時にはプライベートな話など、交流の場を作っていくことも、ベンダーの責任だなと改めて感じました。

これから、皆様が心から参加したいと思えるコミュニティにできればと考えておりますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします!

コンテンツ

Contents

Legal Ops Lab(LOL)の9月新着記事をご紹介!

Legal Ops Lab」(リーガルオプスラボ、LOL)では、スタートアップやベンチャー企業の法務の皆様がお持ちになる「他社はどういうフローで法務に関する業務をしているのか?」という疑問にお答えしています。
今回は、9月に新たに公開した3本の記事をからピックアップしてご紹介します!

ピックアップ記事
AI契約書レビューツール「違法可能性」判断から3か月。この状況を提供者はどう見ているか? -GVA TECH株式会社 山本俊氏-<前編>

AI契約審査クラウド「GVA Assist」を提供するGVA TECH株式会社の代表取締役 山本俊氏にお話を伺いました。

前編では、昨今話題になった弁護士法第72条本文に関する「グレーゾーン解消制度」の照会結果についての見解やAI契約書レビューの現状などを伺いしました。後編では、 AI導入によって浮いた時間で何をすべきなのか、山本先生の著書の中にも出てくるキーワード「面白い仕事」とは何か、そして法務が成果を出し、社内でのプレゼンス向上をするためにはどうしていくべきなのか?について伺っています。

GVA山本先生へのインタビューを前編からチェック!

AI契約書レビューツール「違法可能性」判断から3か月。この状況を提供者はどう見ているか? -GVA TECH株式会社 山本俊氏-<前編>

最後に

Message from Hubble

「早川の一言」にもある通り、10月5日(水)、Hubbleは、以下のようなイベントを開催しました!
Hubble社としては、3年近くできていなかったオフラインイベント(今回はオンラインとのハイブリッド)になり、前半のコンテンツにはめちゃめちゃ自信がありましたが、一方で後半の懇親会は、どれくらい盛り上がるか非常に心配でした…。

ところが、これは全くの杞憂でした👍。
ここ2年ほど、なかなかリアルで法務同士お話しする機会がなかったためか、会場にお越し頂いた方は、本当に他社の法務の方と積極的にお話をされて、有益な情報交換をされていて、現場にいた私も少し興奮してしまいました。
お越し頂いた皆さま、本当にありがとうございました!

改めてオフラインでお会いする機会の重要性を認識させて頂きましたので、(時勢を見極めながらにはなりますが)また次もオフラインで法務の皆様が交流できる機会を設けられればと思います!是非お楽しみに!

それでは、また来月お会いしましょう!🙇‍♂️🙇‍♀️


より詳しい話をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。
Hubbleの詳細についての資料も、こちらよりダウンロードできます。

TOP