自社に合わせた契約書の台帳をAIが自動で作成する「カスタム項目AI自動入力機能」を実装しました!

Explanation

カスタム項目AI自動入力機能の解説

従来は、基本機能である「AI自動入力機能」で自動抽出される8項目の他に管理したい項目がある場合、それらは個別に手入力する必要がありました。本機能により、契約類型の判別や業界固有の情報など、自社独自で管理したい項目も、日本語で予め抽出条件を設定(プロンプト設定)するだけで、AIが高精度で契約書から情報を読み取り・抽出し、契約台帳に反映します。なお日本語以外の契約書も対応可能です。

本機能はAIの専門知識が無くても誰でも簡単に設定・活用することができます。リリースに先駆けて既に約10社が先行導入しており、成功実績を得ています。本機能はオプション機能となります。

※本機能は、利用規約に入力データがAI学習に使用されない旨の記載があるMicrosoft社のAzure OpenAI Serviceを利用しており、データの安全性を担保しています。 また、当社側でもお客様から送信されたデータは学習データとして活用することはございません。

Story

関連する記事


この記事をシェアする

トップ ニュース一覧 自社に合わせた契約書の台帳をAIが自動で作成する「カスタム項目AI自動入力機能」を実装しました!