ドキュメント詳細画面をリニューアルしました!

みなさん、こんにちは!🙋‍♂️
本日Hubbleにログインされた方は驚かれたかもしれませんが、Hubbleのドキュメント詳細画面が、6月1日にリニューアルされました🎉

本記事で、その変更点を簡単に解説します!

目次

コメント欄

これまで、Hubble上のコメントは、ドキュメントの上部に表示されていました。
しかし、ドキュメントを見ながらコメントを打ちにくかったり、当該バージョンのコメントしか見れない点でやや不便でした…

画像1

そこで今回、思い切ってコメント欄を右側へ移動させました👏
これにより、ドキュメントを横で確認しつつコメントが簡単にできるようになっています!

画像2

また、当該バージョン以前のコメントも一緒に見ることができるので、過去どういったやりとりに基づいて修正をしてきたのかが、より参照しやすくなっています!

バージョンツリー

Hubbleといえばバージョン管理!ということで、従来はバージョンツリーが常時表示されている状態でした。
しかし、これにより最も大事なドキュメントの表示が小さくなってしまっていました…

画像3

今回、バージョンは必要最小限だけ、常時表示することにしました!
もしバージョンの名前や更新者が見たい場合には、カーソルを左側に移動してみてください…ほら、クリックしなくても情報が簡単に見られます!

画像4

その他の主要な操作ボタン

Hubbleは正式リリース後、様々な機能を追加して進化を続けて参りましたが、今回これらの基本的機能のボタンをドキュメントの左上に集めました

画像5

これまで右上に隠れていた、「印刷」や「指定したバージョンとの比較」といった機能も、ワンクリックで選択できるようになりました👏
なお、カーソルを合わせれば、何ができるボタンなのかもちゃんとわかりますので、ご心配なく!

画像6

「訪問者」アカウントの追加

従来、Hubble上のフォルダやドキュメントに対するアクセス権限は、「編集者」と「閲覧者」の2つでした。

今回、より各社、各部署に合わせた細かな権限設定を可能にするため、「訪問者」アカウントを追加しました。
具体的には、最新版の原文表示、印刷、ダウンロードのみ可能差分も過去のバージョンもコメントも見られない)というものです。訪問者の方は、以下のような画面表示となります。

画像8

なお、フォルダやドキュメントに関する権限の詳細は、ヘルプページの「アクセス権限の種類」をご覧ください。

いやいや、そもそもロゴが変わっているが…

お気付き頂き、ありがとうございます!!
2020年6月より、Hubbleのロゴが変わります🎉

スクリーンショット 2020-05-29 17.32.04

こちらの新ロゴに込めた想いは、また後日noteで書かせて頂きますので、ご期待ください!!
これまでのロゴと同様に、これからのロゴも皆様に気に入って頂けたら嬉しいです🙇‍♂️

これからもHubbleは法務の皆様の業務の効率化、高品質化のために、製品の開発、改善を行っていきますので、引き続き、宜しくお願い致します🙇‍♂️🙇‍♀️


新機能ドキュメントリストの事前申し込みはこちら

  • URL Copied!
  • URL Copied!