Google Docs連携

エディタの自由化

All Contract Works on Cloud

Google Docsでも編集可能に!
事業部門がWordライセンスを持っていなくても、正しくバージョン管理。最適なフロー構築へ

目次

概要

今までの契約書業務は、ほぼ100%Microsoft Wordで完結する世界でした。
2022年現在、特にスタートアップ・ベンチャーでは、Wordライセンスを保有しているのは管理部門のみで、事業部門は保有していないという企業が多くなっており、管理部門はWord、事業部門はGoogle Docsで編集することが多くなっています。そしてこれこそが、業務フローを複雑化している原因の一つです。

Hubbleのソリューション

ですが、他社とのやり取りにおいてはWord形式の契約書ドキュメントも混在し、Wordのライセンスを保有しない事業部門と保有する管理部門の間でのやり取りが煩雑になっていることが明らかになっています。
Hubbleはドキュメント編集をWord、Google Docs問わず可能にし、完璧なバージョン管理・契約業務を実現します。

使い方

「Google Docsで編集する」を選ぶだけ。
HubbleにアップされたドキュメントはWord、またはGoogle Docsで編集が可能に。

動画で操作を解説します。

利用のメリット

ライセンスコストの節約

事業部門がWordライセンス(Microsoft365ライセンス)を保有しなくても契約書ドキュメントが扱えるため、業務フローはそのままで、ライセンスコストの節約に。

Google Driveが不要な契約書管理

HubbleのGoogle Docs連携は、Google Docsで作成・編集した契約書ドキュメントをHubble内に保存し、Hubble内で検索ができるため、契約書ドキュメントの管理を意識する必要はありません。

  • URL Copied!
  • URL Copied!