CloudSign連携機能

CloudSign連携機能

Work with CloudSign

クラウドサイン連携で、よりシームレスな契約書業務を実現。

Hubbleで作成した契約書を、
ワンクリックでクラウドサインへ送信。

事業部門と法務部で通常通りHubbleでの契約書のやり取り・共有を行い、ワンクリックでクラウドサインへ。
Hubble内から直接クラウドサインにアップロードできます。

ステータスもHubbleから確認

クラウドサイン側のステータスもHubble側で確認可能です。
Hubbleのバージョン管理と紐づくので、どのバージョンがクラウドサインに送られたのかも明確になり、管理がしやすくなります。

導入のメリット

締結の過程と
締結版を一緒に保存

締結版と締結に至るまでのすべてのバージョンと、やりとりを紐付いて保存できます。

Slack x Hubble x CloudSign

Slackで常に最新情報を受信することで、契約書の状況をリアルタイムで把握できます。

今後もクラウドサイン
連携を強化

クラウドサイン連携は今後も様々なリリースを予定しています。

  • URL Copied!
  • URL Copied!