株式会社Hubble

利用継続率99.5%

電子契約とも
併用可能!

Hubble
迅速で、ミスのない
業務フローを実現する
契約書管理クラウドサービス

Hubble画面イメージ
Hubbleを使えば、
社内の全ての契約書を1箇所に集約し、
進捗の確認や契約内容の
レビュー・ディスカッションをすることが
できます。
法務も事業部門も、契約書に関する
全てのやり取りの把握が可能に。

契約書・ドキュメント管理における
こんな課題はありませんか?

契約書が見つからない

契約書はバインダーや机の引き出しの中、担当者のPCの中など、さまざまな場所に散らかってしまっている。しかも、紙と電子(PDFやWordなど)でバラバラなので、より探しづらい。

自分がいないと回らない

契約業務が自分や誰かに属人化しているので、第三者が見ても経緯が分からず引き継げない。
特に休暇中や退職後などに契約書業務が回らなくなることがある。

契約書の経緯が分からない

締結版の契約書を確認すると、どのような交渉経緯で締結したかなどの記録がない。自社で利用中のサービスや顧客との契約更新などの際に、過去経緯が分からないので不利益を被ることがある。

Hubbleなら
その契約書・ドキュメント管理の
悩みをこう解決!

契約書ドキュメントをアップロードするだけで、
契約書管理が開始されます

Hubbleに契約書ドキュメントをアップロードすると、
契約書名や更新の有無など、契約台帳に必要な情報を自動反映。
ドキュメントリスト機能で契約書のステータスや契約種別など、
さまざまな情報を元に全ての契約書を把握できます。

契約書や契約書に関連する
コミュニケーションを可視化

Hubbleは契約書の受付はメールや各種ビジネスチャットで行う事ができ、
さらにHubble上で契約書ドキュメントに
依頼者やレビュー者のコメントを付与していくことができるので、
契約書の受付時点から現在の状況に至るまで、
誰もが見て分かる契約書管理を実現します。

契約書の差分が分かる

Hubbleで管理している契約書に
新しいバージョンの契約書をアップロードすると、
自動的に変更された内容が差分として検知され、
どこが変わったのかがすぐに分かります。
そして全ての契約書のバージョンは自動的に保存されるので、
Hubbleは貴社のすべての契約書の経緯を思い出させてくれます。

Hubbleのことがよくわかる
紹介資料をダウンロード

  • Hubbleでできること
  • 導入までに必要なこと
  • 導入後のサポートについて
  • ユーザーインタビュー

契約書・ドキュメント管理で
Hubbleが選ばれる理由

バージョン管理だけでなく、交渉過程が見えるようになった

以前は、契約の更新時に締結時の「交渉ごと」をSlackでチャットのやり取りを見返してなんとか思い出していたが、そういった情報が全てHubbleで管理できるようになった。

Unipos株式会社 様

HubbleのUIはとても簡潔で分かりやすいので、とにかく使えば分かる

直感的にこのサービスは使えると思った。Wordファイルのアップロード先をHubbleにするだけで相当便利になり、契約書のバージョン管理に関する労力は9割、ドキュメント周りの業務全体で6割程度を削減できた。

シェアリングテクノロジー株式会社 様

導入後も業務フローを変えずに管理できたのが、スムーズに導入が進んだ理由の一つ

案件の進捗管理をクラウドストレージで行う運用は難しかったが、Hubbleなら業務フローを変える必要がなかった。Slackと連携して通知やコメントのやりとりが確認できるのも使いやすく、チームとしての働き方が強固になった。

AI inside 株式会社 様

Hubbleのことがよくわかる
紹介資料をダウンロード

  • Hubbleでできること
  • 導入までに必要なこと
  • 導入後のサポートについて
  • ユーザーインタビュー

業種や規模を問わず、
多くの企業さまにご活用いただいております。

  • 大塚ホールディングス
  • 大鵬薬品
  • SoftBank
  • 三井不動産
  • カシオ
  • 日本郵船
  • ネスレ
  • BIZREACH
  • RakSul
  • 東急建設株式会社
  • bitkey
  • bitFlyer
  • SmartHR
  • dip
  • サイボウズ
  • BASE
  • AI inside
  • GMOファイナンシャルゲート
  • Repro
  • UUUM
  • EXAWIZARDS
  • TechFirm
  • WANTEDLY
  • KARAKURI
  • 弁護士ドットコム
  • Unipos
  • NOTA
  • zeals
  • Rentio
  • LIVESENSE
  • Cloud Ace
  • HERP
  • ファミトラ
  • 東京国際法律事務所
  • LocoPartners

ご利用開始までの流れ

  • お問い合わせ

    弊社担当がまだいない場合には、
    support@hubble-inc.jpまでお問い合わせください。

  • ヒアリング

    お客様の現状や課題感を担当者がヒアリングいたします。打ち合わせの日時についてご連絡いたします。

  • プランのご提案・
    トライアルスタート

    お客様の課題に対して最適なプランをご提案いたします。本番環境のトライアルを無料で提供いたしますのでお試しください。

  • 契約・利用開始

    契約書のご記入・ご入金を持って利用開始とさせて頂きます。導入から運用まで専任の担当者が継続的にサポートいたします。

よくあるご質問

他の契約書管理システムとの違いはなんですか?
社内に導入済の既存システムとの競合が起きにくく、共存して利用できることから、導入の障壁となるリプレイスコストが限りなく低い事が最大の違いです。
Hubbleは契約書のバージョン管理や文章差分管理、契約管理台帳(ドキュメントリスト機能)といった、契約書管理機能をメインとしたシステムですが、既存システムと連携することにより、契約業務に必要な機能やシステムと連携して利用することが可能です。
Hubbleの機能にはどんなものがありますか?
Hubbleの基本機能として、「全自動のバージョン管理」「ドキュメントの一覧化機能」「変更点の検知」「期限管理通知」「柔軟な権限設定」「電子契約サービスとの連携」「複数組織機能」「テンプレート管理」など多様な機能を搭載しております。
また、オプション機能として、「SSO(シングルサインオン)」「IPアドレス制限」「確認済み機能」など、セキュリティやワークフローの利便性を上げる機能など多彩なオプションをご用意しております。
Hubbleと連携できるサービスはどんなものがありますか?
Hubbleと連携できるサービスは「Slack」「Microsoft Teams」「Chatwork」「Gmail」「クラウドサイン」「DocuSign」「GMOサイン」「ジョブカンワークフロー」など、さまざまな外部サービスと連携が可能です。
Hubbleの利用料金を教えてください。
Hubbleでは下記のプランをご用意しております。
  • ライトプラン:100,000円(30アカウント)
  • グロースプラン:140,000円(60アカウント)
  • ビジネスプラン:180,000円(100アカウント)
各プランの違いはアカウント数のみとなっており、すべてのプランで同じ機能をご利用できます。
*100を超えるアカウントをご希望、人事データ連携等のサポートが必要な場合はご相談ください。